平成29年度 第1回 たんぽぽ親子教室 4月26日(水)

見えにくさのある子どもさんとその保護者の方のための相談支援室「たんぽぽ教室」では、今年度第1回の親子教室をもちました。個別相談とは違い親子教室では、複数の親子が集まられてみんなで活動し、親子でふれあいを共感したり、子どもたちが互いに関わったり周りの子の様子に刺激を受けたりします。今回は、5組の親子が参加されました。たんぽぽ教室担当者もかわって少し雰囲気が違う中でしたが、子どもたちは今まで参加してきた親子教室のことをよく覚えていて、いつもの歌にはじまりを感じ、名前を呼ばれたらしっかりと返事をしてくれました。

はじめに、親子ふれあい遊びで身体をのびのび伸ばしたり、手指をグー・パーしてアンパンマンやお相撲さんに見立てたポーズをとったりして、準備バッチリ! そんなところに、“春風さん”登場です。子どもたちはやさしいピンク色の衣装にじっと見入ったり、小鳥のさえずりに耳を澄ましたりしました。春風さんからいい香りのハーブやお花をプレゼントしてもらい、「赤だ」「緑だ」と色を見分けたり、ハーブの香りを試したり、甘いイチゴの香りを楽しんだりしました。

春風さんは楽しい遊具ももってきてくれました。みんな好きなすべり台は大人気! すべる前に「行くよ~」と鈴入りボールを転がし、下で受け取った子が次にすべる、というようにみんなでバトンをつなぎながら順番に何度もすべりました。手で段を確かめながら一人で登っていく5歳児さん、お兄ちゃんたちの活躍に誘われるように初めてすべり台を体験した1歳児さん、お母さんの支えですべった子どもさんもいました。それぞれ楽しんだり、チャレンジしたり、ちょっと背伸びをしたりしながら活動しました。最後には、春風ブランコにのってゆーらゆら。春風さんに「もうちょっと?」と尋ねられると、「する!」と答えるなど、自分の気持ちをしっかりと出せるようになってきています。

和やかな雰囲気の中、子どもたちはいろいろな感覚やからだをしっかり使って活動し、保護者の方同士も子どもさんたちの様子を一緒に見られながらあちこちでお話の花が咲いていました。

次回の親子教室は7月22日(土)、水遊びの予定です。

 

カテゴリー: 未分類 | 平成29年度 第1回 たんぽぽ親子教室 4月26日(水) はコメントを受け付けていません。

ライオンズクラブ様から防災グッズをいただきました

3月6日(月)、岡山・鳥取地区ライオンズクラブ国際協会から4名の皆様方が来校され、体育館で、避難所用の点字ブロックと防災ベストの贈呈式がありました。これは1月に行われたLC100周年記念チャリティゴルフコンペで選定してくださったもので、岡山盲学校と鳥取盲学校に同じものを寄贈してくださいました。

小・中・高の各代表者は、大谷ガバナーから一人一人に手渡された防災ベストを着用してみたり、床に置いた点字ブロックを足や手でかめたりしていました。

水やカンパンなどの備蓄品と同様に、災害への備えとして大切に保管させていただきます。本当にありがとうございました。

 

カテゴリー: 未分類 | ライオンズクラブ様から防災グッズをいただきました はコメントを受け付けていません。

ゴールボール体験会 in岡山

2月19日(日)に本校体育館で、岡山県内で初めて視覚障害者のパラリンピック種目である「ゴールボール」の体験会を行いました。

当日は、ロンドンパラリンピック金メダル選手である小宮正江さん、浦田理恵さんを始め、日本代表候補選手、日本ゴールボール協会役員のみなさんによる、模範演技、ルールの説明の後、基本的な動作の練習を行い、試合形式の体験もさせていただきました。日本代表の方々のプレイに迫力を感じ、また試合形式での体験により、思ったより難しく、奥深いスポーツだと実感しました。

休憩時間には、メダリストの方々と懇談したり、写真を撮らせていただいたりと和やかに過ごしました。選手のみなさんの機敏な動き、明るくはきはきとした言葉遣い、何でも積極的に行って行こうという姿勢など、本校の教職員にとっても大変勉強になりました。

 

参加者は、本校教職員や卒業生だけでなく、大学生や専門学校生、一般の方など約80名でした。本校や視覚障害者のスポーツを知っていただくよい機会にもなりました。

カテゴリー: 未分類 | ゴールボール体験会 in岡山 はコメントを受け付けていません。

第6回 たんぽぽ親子教室

たんぽぽ親子教室 2月1日(水)

今回の親子教室には初めての方を含め8組のご家族の参加でした。今回は「つめたーい・あったかい」をテーマに、和気あいあいと活動ができました。
名前呼びで自己紹介を行った後、親子でのふれあいあそびに続いて、冬の寒い時期にぴったりな「ゆきやこんこ」や「ゆきだるまチャチャチャ」を歌いました。曲の合間には、ポンポン状にしたティッシュペーパーやアルミホイル、やわらかい綿、発泡緩衝材など雪に見立てたいろんな素材が頭の上から降ってきました。ふわふわ雪、ひらひら雪、ぼたぼた雪。いろんな感触の雪を手でつかまえてみたり、手の甲にのった雪にそおっと触ってみたり、思い思いに楽しむことができました。
次に、氷をフリージングパックに入れタオルに包んだものが、子どもたちに渡されました。タオルの上から感じるひんやりとした感触。手を上から乗せたり、足で踏んだり、枕にして頭をのせてみたりと、体全体を使って氷の感触を楽しむことができました。そして、遊びが発展してくると、タオルをそっと広げて触る子や、フリージングパックが開けられることに気づいて中から氷を取り出して触ってみようとする子もいました。取り出した氷は、手で割ってみたり、上から落としてみたり、とんとんと袋をたたいて中の氷の音を感じたりして遊びました。
最後に、お風呂ごっこをしました。「おふろに入ったら」という曲にあわせて、体のいろいろな部位を洗うふれあい遊びを行った後、みんなでお風呂の準備をしました。プールにカイロを入れてあったかくした中に、スポンジやタオル、緩衝材、波型ダンボールなどいろいろな素材の入ったお風呂です。タオルの中にも、「がさがさ」、「さらさら」、「ふわふわ」「つるつる」などいろんな感触があり、子どもたちは思い思いのものを試し、好きな感触のものを、顔に近づけてみたり、上に座ってみたりしました。時に、ちくちくするものにあたって泣き出したりすることもありましたが、快い感触も不快な感触もたくさん経験することができました。お風呂のあとは、バスタオルで体を拭くようにしてから、タオルブランコに乗り、ゆらゆらゆれる動きも楽しみました。
次回の親子教室は3月15日(水)で、今年度最後のたんぽぽ親子教室です。親子別の活動で、保護者グループではたんぽぽ教室を卒業する5歳児の保護者の方を囲む会を予定しています。みなさん、どうぞふるってご参加ください。

カテゴリー: 相談支援センター | 第6回 たんぽぽ親子教室 はコメントを受け付けていません。

平成28年度高等部文化祭

『操明祭 -巻き起こせ拍手喝采、つなげよう友情の輪-』開 催 !

11月11日(金)に高等部文化祭が開催されました。

今年度は『操明祭 -巻き起こせ拍手喝采、つなげよう友情の輪-』というテーマのもと、生徒・職員によるステージ発表とフロア発表が行われました。また、今年度はサックス四重奏団「サクソフォン・クロス」をお招きして、演奏を聴かせていただくなど、とても充実した行事になりました。

(サクソフォン・クロスの皆さんの演奏の様子)

IMG_2689

 

ステージ発表には、有志や授業・部活動の一環として多くの生徒が出演しました。有志による歌・ピアノ演奏・漫才などは、日頃披露する機会のない生徒の特技を見ることができる貴重な発表の場となりました。授業の成果の発表として、中学部と普通科の生徒による音楽発表と英語劇が行われました。練習や学習の成果が発揮された素晴らしい発表に拍手喝采がわき起こりました。

IMG_2664(理療科生徒による歌)

(英語劇の一こま)DSC00646 (2)

フロア発表では、あん摩・はり・きゅう部によるあん摩コーナー、普通科生徒と寄宿舎美術クラブによる美術作品展示、生徒保健給食委員による保健に関するクイズ掲示、普通科生徒による一筆箋の販売が行われました。短い時間でしたが、どのコーナーもとても賑わっていました。

今回、普段あまり見られない生徒の違った一面を知ることができ、また、文化祭の準備・運営・発表という活動を通して、生徒同士の友情の輪がつながり大変有意義で楽しい文化祭となりました。

IMG_2757(保健給食委員会のフロア展示)

 

カテゴリー: 学校の行事等 | 平成28年度高等部文化祭 はコメントを受け付けていません。

平成28年度第6回 たんぽぽ親子教室 12月8日(木)

img_0002

今回の親子教室には3組のご家族が集まられ、一緒に活動を楽しみました。

最初は名前呼びに続いて、親子でのふれあいあそび。みんな知っている「いっぽんばし こちょこちょ」や、もう少し大きな動きの「どっちん かっちん」を輪になってしました。お母さんにしてもらったあとは、誰にしてもらおうかな・・・ お母さんではないスタッフも受け入れてくれたり、スタッフに誘われてちょこんとお膝に座ったりと、少しずつ人とのかかわりを広げていくことができていました。

次は大きなトランポリンです。ギターの演奏にのってジャンプジャンプ!だけど、演奏が終わったら、自分の番も終了です。そして、次の友達にバトンタッチ。友達が跳んでいる間は、いすに座って様子を見たり聞いたりしながら順番を待ちました。友達を誘って二人で乗ったり、スタッフとゆっくり揺れたり、小さい子どもさんはお母さんトランポリンをしてもらったりもしました。

よく身体を動かしたあとは、飾りのないさびしいツリーをみんなで飾り付けました。赤や金色のきらきらボールや星、好きな色のモールを枝に巻き付けたり、スタッフに抱きかかえてもらって高いところの枝にわたを乗せたりして、きれいなクリスマスツリーになりました。

そうすると、どこからか鈴の音が・・・♪♪♪なんと、サンタさんがやってきて、一人一人にプレゼントを渡してくれました。やさしいサンタさんに「いい子はどこかな~?」と聞かれて「はい!」と返事をしたり、大きなサンタさんを見上げて不思議そうな表情になったり、プレゼントをもらってお礼を言ったり、カシャカシャ包装紙の音に耳を澄ましたり、と、ドキドキわくわくのひとときでした。

最後はみんなで「きよしこの夜」をトーンチャイムで演奏し、きれいな音の響きを静かに味わいました。

次回の親子教室は2月1日(水)です。たんぽぽ教室のみなさんは、どうぞふるってご参加ください。

これから寒さ厳しい時期になりますが、身体に気を付けて、良い年を迎えたいですね。

カテゴリー: 未分類 | 平成28年度第6回 たんぽぽ親子教室 12月8日(木) はコメントを受け付けていません。

せとうち保健福祉フェスタに参加しました!

11月20日(日)に「せとうち保健福祉フェスタ」が瀬戸内市のゆめトピア長船で開催されました。多くの参加者で賑わう中、岡山盲学校からも点字体験コーナーとあんま体験コーナーを出させていただきました。

あんま体験コーナーは初めての取り組みでした。お一人15分という短時間でしたが本校理療科職員によるあんまに、参加者からは喜びの声が多数寄せられました。%e3%81%82%e3%82%93%e3%81%be%e4%bd%93%e9%a8%93

また、点字体験コーナーを中心に、「さわるめいろ」絵本や、見えない見えにくい人と一緒に楽しめるオセロやトランプなどのおもちゃ、学習用具や生活便利グッズの体験をしに100名を超える方が訪れました。50音表を見ながら点字で手紙を書いたお子さん、単眼鏡をのぞいて駐車場の車のナンバーを読んで遊ぶお子さん、音声電卓がお気に入りのお子さん、ブラインドサッカーのボールを蹴ってみるお子さん…それぞれのやり方で楽しんでくれました。%e3%82%b0%e3%83%83%e3%82%ba%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%bc

「盲学校、知ってるよ」「盲学校のあんまは良いよ」と言っていただける方が増え、うれしい一日となりました。

カテゴリー: 未分類 | せとうち保健福祉フェスタに参加しました! はコメントを受け付けていません。

県外施術所見学(専攻科)

10月26日(水)~28日(金)、専攻科2年生は県外施術所見学に行ってきました。

まず初日は、大阪府豊中市の『ウラノマッサージ千里店』の見学でした。それぞれに30分間のあん摩施術を受けながらお話をお聞きし、ネイルケアも体験しました。社長%e2%91%a1さんからは、「国家資格をもっているという誇りをもち、しっかりと施術ができるようにならなければならない。最初から楽をしようとすると、きちんとした仕事ができなくなってしまう」など、大変参考になるお話をお聞きしました。

 

2日目の前半はクラスごとの見学でした。専攻科理療科は『松浦鍼灸大学堂』(大阪市)を見学。松浦先生は治療をしながら、基本的な方針やそれぞれの患者に応じた施術部位、方法を説明してくださいました。入れ替わり立ち替わり様々な患者さんが訪れ、あっという間の2時間でした。保健理療科は『まきのあん』(神戸市)を見学。牧野先生から指圧による補瀉の方法、手足の要穴を応用した施術から始め、全身の状態を整えてから局所の症状に対する施術を行うという方針やその方法を教えていただきました。

後半は合流して、『なかむら鍼灸治療院』(大阪市)へ伺いました。%e2%91%a0施術を行うに当たり体の軸をまっすぐにすることの重要性から始まり、現代人がなりやすい猫背に対する運動法についても実習を通して学びました。岩盤浴の設備もあり、いろいろなことを治療に応用することも大切だと感じました。「いろいろと勉強し、引き出しをたくさん作っておき、その中から患者に合わせて応用できる手技を考えられるようにすることが大切だ」ということを教えてくださいました。

3日目は『ソニー生命保険株式会社大阪LPC第1事務オフィス』(大阪市)。ヘルスキーパーの朝礼、そして実際の施術の様子を見学させていただき、歪みを整えるために独自に獲得した技術を見せていただきました。稼働率が95~100%ということで、やりがいのある職場だと感じました。

どの見学・実習先でも時間を超過しての指導をしてくださり、大変勉強になりました。生徒達も熱心に話を聞いたり、実習に取り組んだりしていました。また、生徒達からも質問が多く出され、積極的に学ぶ姿勢がみられました。日頃の学習では得られない大きな成果を上げることができた行事となったと実感しています。

カテゴリー: 未分類 | 県外施術所見学(専攻科) はコメントを受け付けていません。

たんぽぽ親子教室 第5回

%e8%ac%9b%e5%b8%ab%e3%80%80%e6%9c%ac%e5%b1%b1%e3%81%95%e3%82%93平成28年度 第5回 たんぽぽ親子教室 10月26日(水)

今回の親子教室は、「創作活動~陶芸」でした。5組のご家族が集まられ、陶芸作家さんのご指導のもと、一緒に備前焼の土での活動を楽しみました。

最初は準備運動です。しっかりこねこねできるように、昨年度よりおなじみの「うどんここねこね」の歌に合わせて、お父さん・お母さんが子どもさんの身体を長ーく伸ばしたりまぁるくしたり。さらにとんとん手で切って、最後はむしゃむしゃ食べてほぐしていきました。

そしていよいよ粘土との出会いです。菊練りしてきれいにまとめてくださった粘土が配られました。最初はちょっとおそるおそる触ってみていましたが、やがてぎゅっぎゅっと握ったり、手のひらを押して手形をつけたり、だんだんと粘土と仲良くなっていきました。

一方では順番に作家さんに手を添えてもらって電動ろくろで回る粘土も触りました。水をつけるとにゅるにゅると滑らかに手に吸い付く粘土、添えてもらった手の力加減や当て方によって形が変わっていく粘土、自分で押してみると何だかぶれてきてゆらゆらしてしまう粘土・・・、最初は不安でなかなか自分からは手を差し出せないでいた子どもさんもひとたび粘土の感触に触れると、その不思議な感覚に「あれっ?」という表情になったり、そぅっと手のひらを広げたり、おそるおそるでも自分で触ってみたり、と、粘土をいっぱい感じることができました。そこまで粘土に親しみにくい子どもさんも、棒でとんとととん、とリズムをつけてたたいてみたり、くるくると巻き取ってみたり、いろんなやり方で粘土と触れ、あっという間に時間がたってしまいました。

手で触れた新しい感覚、素材と出会ったこの体験は、きっと大きくなられても印象的な直接体験として心に残っていくことと思います。子どもさんにとって世界は未知のものでいっぱい。いろいろな方のいざないや支えをいただきながら世界を広げ、知っているもの、好きなものを増やしていけるといいですね。

次回の親子教室は12月8日(木)を予定しています。(年度当初の予定と日にちを変更させていただいています。ご注意ください。)親子で遊べる楽しい活動、子どもさん同士のかかわりの場面などをご用意したいと思います。

カテゴリー: 未分類 | たんぽぽ親子教室 第5回 はコメントを受け付けていません。

校内点字検定がありました

1 29月6日(火)、点字を学習している児童生徒17名が、会議室(点字盤の部)と自立活動室(点字タイプライターの部)に分かれて、校内点字検定にチャレンジしました。検定内容は、「50音」(「あ」行から「わ」行までの50音を繰り正確に速く打つ)、「め書き」(6点を全て使う「め」の文字を続けて打つ)、「転写」(課題の点字文を正確に書き写す)、「聴写」(読み上げられる課題文の通り正確に書く)と、「速読み」(課題文を速く正確に読む)の5種類です。(点字タイプライターの部は、「め書き」はありません。)

普段の点字学習の成果を試す機会として、初めての人は少し緊張しながら、2回目以上の人も昨年度の級よりUPできるように、それぞれがんばりました。点字の学習に取り組んで来て迎えた今日の検定。視覚障害の人に大きな可能性を与えてくれた恩恵に感謝するとともに、重要性を見つめ直すきっかけともなりました。

カテゴリー: 未分類 | 校内点字検定がありました はコメントを受け付けていません。