カテゴリー別アーカイブ: 寄宿舎

H29 文化祭

H29 文化祭

11月18日土曜日、小中高合同で文化祭が開催され、たくさんの方々に来校いただきました。
小学部では、何か月も前から発表に向けて準備をし、練習を重ねてきました。子どもたちは保護者や地域の方に見てもらう嬉しさと緊張で、わくわくドキドキしながらこの日を迎えました。
当日は学習グループごとに、劇をしたり調べたことを発表したり音楽に合わせて演技をしたりと、それぞれが趣向を凝らした発表を行いました。子どもたちは、力いっぱい発表して、たくさんの笑顔、拍手をいただきました。 体育館のステージでは児童全員による音楽発表として、「雨の音楽」を演奏しました。それぞれが練習してきた自分のパートを、息を合わせながら一生懸命演奏し、みんなの心が一つになったすばらしい発表となりました。
中学部では、「やってみよう」をテーマに中学部発表を行いました。どうすれば分かりやすい発表になるのか、どんな工夫をすれば楽しんでもらえるのかなど、それぞれの生徒が試行錯誤を繰り返しながら練習を重ねてきました。本番では、多くの方の前で、練習の成果を発揮し、個性あふれる発表にたくさんの拍手をいただきました。また、最後には生徒全員でボディパーカッションを行い、会場を盛り上げました。
午後からのステージ発表では、高等部普通科の生徒とともに、トーンチャイムでの音楽発表や英語劇の発表を行いました。200人近い観客の前での発表に緊張しながらも、堂々とトーンチャイムを奏でたりし、英語を話したりして、盛大な拍手をいただきました。
高等部では、ステージ発表とフロア発表を行いました。ステージ発表には、有志や授業・部活動の一環として多くの生徒が出演しました。有志による歌・ピアノ演奏・新喜劇などは、日頃披露する機会のない生徒の特技や新たな一面を見ることができる貴重な発表の場となりました。授業の成果の発表として、中学部と普通科の生徒による音楽発表と英語劇、さらに小学部・中学部・高等部の児童生徒による英語セッションが行われました。練習や学習の成果が発揮された素晴らしい発表に拍手喝采がわき起こりました。フロア発表では、あん摩・はり・きゅう部によるあん摩コーナー、普通科生による美術作品展示や一筆箋の販売、生徒保健給食委員による保健に関する掲示が行われました。どのコーナーもとても賑わっていました。
児童・生徒にとって、大勢の前で発表する大舞台。緊張しながらも、一人一人の良さがきらりと光る、楽しい発表ばかりでした。今年度の文化祭のテーマは「みんなで咲かせよう笑顔の花」でしたが、1日を通してたくさんの方の笑顔の花が咲き、とても有意義な行事になりました。

寄宿舎生が『文化祭のご案内』をしました

「寄宿舎生が『文化祭のご案内』をしました」

11月6日(月)放課後、授業を終えて寄宿舎に帰った小学部・中学部・普通科の児童生徒たち数人が玄関に集合しました。手にしているのは、11月18日(土)開催の「文化祭のご案内」と学校周辺の地図です。それぞれ寄宿舎指導員とペアを組み、担当区域の皆様にお受け取りいただくという活動に取り組みました。
ピンポン♪「こんにちは。岡山盲学校の者です。」と、インターホン越しにごあいさつ、玄関口までおいでくださった方には、直接、プリントをお渡しし、「今、練習をがんばっているところです。ぜひ見に来てください。」とお伝えすると、「ありがとう。ごくろうさま。」とこたえてくださいました。お留守のご家庭には、ポストに丁寧に入れさせていただきました。
文化祭には、一人でもたくさんの方にご来場いただきたいという思いをお伝えすることができて、児童生徒たちは笑顔で寄宿舎に戻りました。


寄宿舎 明扇会(めいせんかい)会長選挙が行われました

「寄宿舎 明扇会(めいせんかい)会長選挙が行われました」

10月31日(火)19:15~、寄宿舎本館2階多目的室に、小学部から高等部までの舎生全員が集まり、平成30年度明扇会会長選挙が行われました。



 

今年度の立候補者は1名 、信任投票となりました。
まずは、選挙管理委員による選挙の説明があり、続いて推薦人の舎生が応援演説を行い、
その後、立候補者自身が「私が明扇会会長になったら、…」と力強く演説を行いました。
そしていよいよ投票です。選挙権は舎生全員にありますので、小学生も投票用紙を手に投票に向かいました。投票場所には、岡山市選挙管理委員会からお借りした記載台と投票箱が設置されていて、事前に選挙のしくみや投票の流れについて学習してきたとおりに、点字使用の舎生は点字器に投票用紙を挟み点筆で、また普通文字使用の舎生は鉛筆で、「○」または「×」と記入して、用紙を半分に折って投票しました。
全員の投票、そして開票作業も順調に行われ、立候補者の「信任」が発表されました。満場の拍手を受けた新会長が、緊張感は残るものの少し和らいだ表情で、お礼と今後の抱負を述べ、明扇会会長選挙は終了しました。



声楽アンサンブル公演が行われました

「声楽アンサンブル公演が行われました」

10月19日(木)、体育館で声楽アンサンブル公演が行われました。岡山シンフォニーホールのソプラノ、アルト、テノール、バスの4人の声楽家の皆様による唱歌メドレー「ふるさとの四季」で始まり、「花」「浜辺の歌」「赤とんぼ」「荒城の月」「小さな空」「Stand Alone」とすばらしい歌声が響きました。

「みんなで楽しもう!」のコーナーでは、児童生徒も保護者も教職員も一緒に、「メリーさんの羊」と「ロンドン橋落ちた」の2部合唱や「ふるさと」の大合唱をしました。また「ハレルヤ」では「ぶどうが好きな人だけ♪」「ハレル~ヤ♪」と好きな果物の時だけ歌ったり、「冬が好きな人だけ♪」「ハレル~ヤ♪」と好きな季節の時だけ歌ったりと、児童生徒が大活躍のコーナーでした。

休憩後は、「トルコ行進曲」のピアノ演奏をはじめ、「下津井節」(岡山)、「ステンカラージン」(ロシア)、「サンタルチア」(イタリア)、「魔王」(シューベルト)、「乾杯の歌」(ヴェルディ)、「歓喜の歌」(ベートーヴェン)と世界の歌を聴かせていただきました。

からだ全体でリズムをとったり、大きな拍手を送ったりと、体育館に響き渡る歌声に包まれた1時間40分でした。

今回、岡山シンフォニーホール様のご厚意で、全員で大合唱した私たちの「校歌」を録音させていただきました。今年度、本校は創立110周年を迎え、来年度その記念式典を予定しておりますが、その記念事業として活かしたいと考えているところです。ご期待ください。


 


平成29年度 岡山盲学校公開講座「わくわく体験盲学校」

平成29年度 岡山盲学校公開講座「わくわく体験盲学校」

8月23日(水)、「わくわく体験盲学校」を開催しました。希望の講座を選択して参加していただく形式での2年目の開催でした。午前から午後まで最大3つの講座に参加された方、興味のある講座だけ参加された方、それぞれのスタイルで盲学校や視覚障害教育について知っていただけたのではないかと思います。
それぞれの講座の内容と様子をご紹介します。

講座1  ワークショップ「視覚障害の世界」
視覚に障害のある当事者やそのご家族をはじめ、教育や福祉の関係の方など、様々な立場の21名の方々が、視覚障害の世界についての興味、関心を持って参加してくださいました。当日は、ヒューマンガイドテクニックの導入部分から、視覚障害の世界とはどんな世界なのかを、疑似体験を通して考えていきました。

【 挨拶・会話 】
コミュニケーションの第一歩として、まずはアイマスクをして、挨拶や会話のやり取りをしました。視覚情報を遮断した状態で様々な状況を設定し、相手の発言がどう感じるかなど試しました。

【 ガイド歩行 】
挨拶や会話のあとは、ヒューマンガイドテクニックを使ってのガイド歩行をしてみました。もちろん見えない状態で歩くので、「怖い」といった感想がたくさん出ましたが、一方で、「状況を教えてもらえると安心する」といった感想もあり、視覚障害のある人の歩行の状態を疑似体験することで、その心情を考える場面もありました。

研修後の参加者アンケートでは、「どの情報をどのように伝えると安心するのか、ガイドとしての立ち位置はどうかなど、目の不自由な方のことを考えて体験できた。」 「視覚に不自由がある人だけの支援ではなく、すべての基本は相手の人の気持ちに寄り添えるか… 相手の立場に立つことが大事だと実感した。これから白杖を持っている人にも声掛けできる自分になりたい。」など、それぞれの方が支援・介助する際に大切なことに気付かれたようでした。

講座2・講座5(同じ内容です) 学校紹介「理療科のとびら」
視覚障害者が職業自立するために、あん摩マッサージ指圧師や、はり師・きゅう師の資格取得を目指すコース。それが盲学校の「理療科」です。そんな理療科について多くの方に知っていただくために、「理療科のとびら」という講座を行いました。

午前と午後の2回同じ内容の講座を行い、来年度に入学を希望する方、建築士会の方など10名が参加されました。
まずは本校理療科職員によるあん摩施術体験です。30分という短い時間でしたが、体も心もほぐれ、心地よいひとときとなったようです。
あん摩でリラックスした後は、理療科の概要説明です。学習内容、学校での生活、卒業後の進路などを、資料を基に説明しました。実際の理療科での授業のように、参加された方に音読してもらいながら説明を行いました。
続いて、理療科3年生の生の声を聞く時間です。理療科入学の経緯、理療科での生活の中で良かったことやたいへんだったこと、今後のビジョンについて、4名の3年生に語ってもらいました。「同じ境遇の仲間と学校生活を送る中で、前向きになることができた」 「グランドソフトボールで全国大会に行けたことが思い出になっている」 「勉強はたいへんだけど、患者に喜んでもらえることが嬉しい」など、生徒達は日頃感じていることを率直に語ってくれました。
参加された方からは、「あんまをしてもらいながら、先生と話ができてよかった。」 「生徒達がすごく前向きに夢をもってがんばっていて、涙が出そうだった。」 「自分が見えなくなって、つらいことが多いが、ここでがんばっている方に勇気をもらった。」など、多くの感想をいただきました。

講座3 学校紹介「盲学校探検ツアー」
他講座の合間での見学ツアーということもあり、定員を上回る24名の方が参加され、3つのグループに分かれて1時間の校内見学をしました。

視覚障害者用品や便利グッズを展示してある部屋では、拡大教科書や黒地に白文字の定規などの学習用品、触って読み取れる時計など、見えやすく工夫されたり、視覚に頼らず利用できたりする用品を手にとってご覧いただきました。子どもさんの相談支援の部屋では、音を聞いたり触ったりして楽しめるおもちゃや学習用品、遠くを見るための片眼用望遠鏡やルーペといった視覚補助具などを試していただきました。理科室では、色の違いを音に換えて知らせる感光器や、動物のはく製、植物の模型などを、理療の学科を学習する特別教室では、人体の構造を学習するための模型などを、図書室では、点字や拡大の図書、音声ガイドを聞きながらパソコンを操作する様子などを見学されました。
急ぎ足での見学ではありましたが、「いろいろな工夫されたグッズが見られてよかった。」 「興味はあったが、はじめて見学できて参考になった。」といった感想をいただきました。

講座4 ワークショップ「わくわく点字」

小学生、高校生、保護者、学校関係者など24名が参加してくださいました。点字の歴史や50音について学習した後、点字のなぞなぞカードを読んで答えを考えたり、小型点字器を使って名刺を作ったりしました。点字ユーザーの本校職員に指先で読んでもらい正しく点字がうてた時は、皆さんうれしそうな表情を浮かべられていました。参加者からは、「点字を打つのは難しかったけど、楽しかった。達成感が大きかった。」 「点字のイメージが変わって、盲学校に親しみがわいた。」 「世の中にもっと点字が広がればいいなと思った。」といった感想をいただきました。

校内点字検定 2017.9.12

「校内点字検定がありました。」

9月12日(火)、点字を学習している児童生徒が、会議室(点字盤の部)とプレイルーム(点字タイプライターの部)に分かれて、校内点字検定にチャレンジしました。検定内容は、「50音」(「あ」行から「わ」行までの50音を繰り返し正確に速く打つ)、「め書き」(6点を全て使う「め」の文字を続けて打つ)、「転写」(課題の点字文を正確に書き写す)、「聴写」(読み上げられる課題文のとおり正確に書く)と、「速読み」(課題文を速く正確に読む)の5種類です。(点字タイプライターの部は、「め書き」はありません。)
点字検定に向けて、普段の学習から苦手なところを中心に、根気強く取り組んできました。日々の学習の成果を試す機会として、緊張感ただよう会場で点字学習者が一堂に集まって受けることは新鮮であり、とても貴重な機会になりました。点字学習への次のモチベーションにもつながっていけると期待しています。

 

ライオンズクラブ様から防災グッズをいただきました

3月6日(月)、岡山・鳥取地区ライオンズクラブ国際協会から4名の皆様方が来校され、体育館で、避難所用の点字ブロックと防災ベストの贈呈式がありました。これは1月に行われたLC100周年記念チャリティゴルフコンペで選定してくださったもので、岡山盲学校と鳥取盲学校に同じものを寄贈してくださいました。

小・中・高の各代表者は、大谷ガバナーから一人一人に手渡された防災ベストを着用してみたり、床に置いた点字ブロックを足や手でかめたりしていました。

水やカンパンなどの備蓄品と同様に、災害への備えとして大切に保管させていただきます。本当にありがとうございました。

 

平成28年度高等部文化祭

『操明祭 -巻き起こせ拍手喝采、つなげよう友情の輪-』開 催 !

11月11日(金)に高等部文化祭が開催されました。

今年度は『操明祭 -巻き起こせ拍手喝采、つなげよう友情の輪-』というテーマのもと、生徒・職員によるステージ発表とフロア発表が行われました。また、今年度はサックス四重奏団「サクソフォン・クロス」をお招きして、演奏を聴かせていただくなど、とても充実した行事になりました。

(サクソフォン・クロスの皆さんの演奏の様子)

IMG_2689

 

ステージ発表には、有志や授業・部活動の一環として多くの生徒が出演しました。有志による歌・ピアノ演奏・漫才などは、日頃披露する機会のない生徒の特技を見ることができる貴重な発表の場となりました。授業の成果の発表として、中学部と普通科の生徒による音楽発表と英語劇が行われました。練習や学習の成果が発揮された素晴らしい発表に拍手喝采がわき起こりました。

IMG_2664(理療科生徒による歌)

(英語劇の一こま)DSC00646 (2)

フロア発表では、あん摩・はり・きゅう部によるあん摩コーナー、普通科生徒と寄宿舎美術クラブによる美術作品展示、生徒保健給食委員による保健に関するクイズ掲示、普通科生徒による一筆箋の販売が行われました。短い時間でしたが、どのコーナーもとても賑わっていました。

今回、普段あまり見られない生徒の違った一面を知ることができ、また、文化祭の準備・運営・発表という活動を通して、生徒同士の友情の輪がつながり大変有意義で楽しい文化祭となりました。

IMG_2757(保健給食委員会のフロア展示)