カテゴリー別アーカイブ: 中学部

平成30年度 岡山盲学校公開講座「わくわく体験盲学校」

8月22日(水)、第3回「わくわく体験盲学校」を開催しました。今回も、5つの講座のうちから希望の講座を選択して参加していただき、それぞれに盲学校のことや視覚障害教育について知っていただけたようです。
それぞれの講座の内容と様子を簡単にご紹介します。

講座1  ワークショップ「視覚障害の世界」
視覚に障害のある方のご家族をはじめ、教育や福祉の現場の方、大学生など、14名の方が、興味、関心をもって参加してくださいました。折り紙体験や、ガイド歩行の導入部分の体験を通して、自分ができる方法・工夫や、視覚に障害のある方の立場に立った工夫・支援について考えました。

【折り紙を折る、アイマスク体験】
アイマスクをした状態で、視覚以外の感覚で得られる情報について体験しました。触覚や嗅覚を使って、様々な種類の折り紙の違い、四角や三角に折るときの工夫について考えました。

【折り紙を折る、アイマスク体験とガイド者の体験】
ペアーになり、アイマスク体験者が、ガイド者の説明をもとに折り紙で、作品をつくりました。お互いの立場を経験して視点を変えて工夫したことや、適切な支援についてグループで話し合いをしました。

【ガイド歩行】
まず、ペアーで、片方がアイマスクをした時の挨拶の練習をしました。街中で困っている視覚障害者の方に声をかけるという設定で、立ち位置や、声の表情を変えて相手の発言がどう感じるかなどを体験し、気付かなかった発見がありました。次にガイド歩行の基本姿勢について確認し、視覚障害のある人の歩行の状態を疑似体験することで、相手の立場に立った歩行について考えながら歩いていました。

研修後の参加者アンケートでは、「見えない=大変という考えでしか考えたことがなかったのですが、一人ひとりに適した教材や、関わりの工夫がされていて、達成感・成長など「大変」というマイナスのイメージから、プラスのイメージを感じることができました」「主役は誰かという視点に立って、ガイド者側の注意事項など細かく教えていただき、勉強になった」「相手のことを考えながら、話をしたり、手伝ったりしていきたいと思いました」など、今後につながる感想を多くいただきました。

講座2・講座5(同じ内容です) 学校紹介「理療科のとびら」
視覚障害者が職業自立し、社会参加を果たすための進路の一つとして、あん摩マッサージ指圧師や、はり師・きゅう師として、医療・保健の一翼を担うということが挙げられます。それらの資格取得を目指すコースが盲学校の「理療科」です。そんな理療科について多くの方に知っていただくために、「理療科のとびら」という講座を行いました。
午前と午後の2回同じ内容の講座を行い、入学を検討中の方、相談支援員の方など8名が参加されました。
まずは本校理療科職員によるあん摩施術の体験です。30分という短い時間でしたが、体も心もほぐれ、心地よいひとときとなったようです。
あん摩でリラックスした後は、理療科の概要説明です。学習内容、学校での生活、卒業後の進路などを、資料を基に説明しました。
続いて、この講座のメイン。理療科3年生の生の声を聞く時間です。理療科入学に至る経緯、理療科での生活の中で良かったことやたいへんだったこと、今後のビジョンについて、3名の3年生に語ってもらいました。「他人と話すことが苦手だったが、仲間との関わりの中で、自分をさらけ出して話ができるようになってきた」「最初は難しかった勉強も、理解が進むにつれて面白さを感じられるようになってきた」「当初はそれほど興味のなかったマッサージや鍼灸も、今では魅力ある仕事だと思っている。そんな魅力ある仕事で、社会にかかわって行きたい」など、生徒達は日頃感じていることを率直に語ってくれました。
参加された方からは、「生徒の方のお話を聞き、皆さんの前向きな姿勢に力をもらいました」「あんまはとても気持ちよかったです。生徒さんのお話は、とても気持ちがわかり、理解を深めることができました」など、多くの感想をいただきました。

講座3 学校紹介「盲学校探検ツアー」
盲学校の施設環境や教材等を見られるツアーということもあり、18名の方が三つのグループに分かれて1時間の校内見学をしました。
視覚障害者用品や便利グッズを展示してある部屋では、拡大教科書や点字教科書、黒地に白文字の定規などの文房具、触って読み取れる時計、色を読み取る機器など、見えやすく工夫されたり、視覚に頼らず利用できたりする用品を手にとってご覧いただきました。子どもさんの相談支援の部屋では、光や鮮やかな色、音や手触り、動きなどで楽しめるおもちゃ、遠くを見るための片眼用望遠鏡やルーペといった視覚補助具などを試していただきました。理科室では、状態の変化を音に換えて知らせる器具や、動物のはく製、植物の模型などを、理療科の特別教室では、人体の構造を学習するための骨や筋肉、細胞の模型などを、図書室では、点字や拡大図書、音声ガイドを聞きながらパソコンを操作する様子などを見学していただきました。
限られた時間ではありましたが、「普段入ることのない盲学校のことを知ることができてよかった」「それぞれの専門科目の先生から詳しく説明を聞くことができ、知識、概念の獲得に工夫していることが勉強になりました」といった感想をいただきました。

講座4 ワークショップ「わくわく点字」
小学生から大人の方まで9名が参加してくださいました。点字の歴史や50音について学習した後、実際に点字の文章を読んだり、小型点字器を使って名刺を作ったりしました。また、点字を一度に打つことのできるタイプライターや点字教科書に触れたり、点字クイズに挑戦したりしました。参加者からは、「点字がもっと書けるようになりたいと思いました。点字を使ってつながれる人が増えると楽しいです」「点字の名刺ができて嬉しかったです。日常にある点字ももっと読んでみようと思いました」「点字には様々な種類があるのに驚きました。ぜひ英語や数字も覚えてみたいです」といった感想をいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中国地区盲学校連盟 岡山大会について

中国地区5県の視覚特別支援学校(盲学校)の代表者が集まって交流を行う中国地区盲学校連盟の大会が、6月12日(火)~13日(水)の2日間で岡山を会場に開催されました。本校が今年度の主管校ということで、生徒役員と教職員で協力しながら準備をしてきました。
12日(火)は閑谷学校を会場に、開会行事、音楽鑑賞会、うらじゃ体験、交歓会、連盟生徒委員会議を行いました。
開会行事では、みんなで中盲連会歌を歌い、連盟生徒委員長(本校高等部生徒会長)と本校校長が歓迎の挨拶をしました。
音楽鑑賞会では、サクソフォン・クロスというサックス四重奏のグループをお招きして、演奏をしていただきました。演奏を聴くだけではなく、手拍子や足踏みで参加したり、楽器に触れさせていただいたりと、みんなで楽しむことができました。
うらじゃ体験では、うらじゃの特徴である化粧の代わりに衣装を作り、それを着て「うらじゃ音頭」をみんなで体験しました。学校ごとに異なる色の布に飾りを付け、個性の光る素敵な衣装ができていました。うらじゃ音頭はみんな上達が早く、最後はみんなで大きな輪を作って踊り、とても盛り上がりました。
交歓会では、学校紹介、自己紹介、岡山ご当地クイズ&ビンゴゲームをしました。ご当地クイズは、グループで協力しながら解答できました。また、最後にサプライズゲストとして、点字ブロック発祥の地岡山で生まれた、点字ブロックを守るキャラクターの「マモちゃん」が来て、みんなにステッカーを配ってくれました。
連盟生徒委員会議では、昨年度の鳥取大会の報告、今年度の岡山大会と来年度の広島大会の提案がありました。とてもスムーズに会議が進行しました。
13日(水)は、岡山が誇る日本三名園の一つ岡山後楽園の周辺で活動を行いました。小・中学部は、県立美術館、オリエント美術館、県立博物館の3か所に分かれて、学芸員の説明を聞きながら鑑賞活動をしたり、後楽園の中を散策したりしました。高等部は、ガイドボランティアの方に後楽園の中を案内していただき、その後はグループごとに自由散策ということで、お土産をみたり、お茶やソフトクリームを味わったりしました。
梅雨の時季で天気が心配でしたが、晴れの国岡山らしく素晴らしい天気の中で活動することができました。新たな出会い、初めての経験もあり、この2日間がとても有意義な時間となりました。

 


 

 

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 

中国・四国地区盲学校体育大会(7月20日~22日)

7月20日(金)から7月22日(日)の三日間、徳島市にて中国・四国地区盲学校体育大会が開催されました。大会はフロアーバレーボールの部と卓球の部の2競技が行われました。本校はフロアーバレーボールへ参加しました。中学部3名、高等部普通科2名、高等部専攻科3名の計8名の選手です。
20日(金)は、競技会場の徳島県立障がい者交流プラザのアリーナで公式練習を行い、その後、徳島県立徳島視覚支援学校で開会式を行いました。
トーナメント方式(15ポイント先取制)により、21日(土)は愛媛県立松山盲学校と対戦しました。第1セットは14―14の接戦から2ポイント奪われ、
14-16で落としました。相手の勢いは衰えず、2セット目も奪われ、セットカウント0-2で敗れてしまいました。
22日(日)は、鳥取・高知連合チームと対戦しました。昨日の試合の反省点から、「お互い声をしっかり出していこう」を注意点とし、試合に臨みました。
試合は第1セット、第2セットとも9-15のスコアとなり負けてしまいましたが、随所に大きな声がでたり、強固なブロックやスパイクが決まったりしました。
試合は2敗という残念な結果に終わりましたが、目標としていた「楽しくプレーし、団結しよう」は達成できました。周囲の方より、「いいチームができていますね」という言葉もいただきました。
酷暑の中、熱中症を心配しましたが、アリーナにも冷房が効く快適な環境だったため、全員元気にプレーし、帰岡することができました。
最後に、遠く徳島まで応援に来てくださった保護者の方、職員の方、また、大会参加に向けて御協力いただきました保護者、関係者の皆様に厚く御礼を申し上げます。

 

公式練習の様子


 

 

 

 

 

試合前のアップ


 

 

 

 

 

松山盲戦


 

 

 

 

 

監督からの指示


 

 

 

 

 

鳥取・高知連合戦


 

 

 

 

 

終了後のあいさつ


 

 

 

 

中学部・授業風景(7月10日)

理科の授業風景です。「空気の力を感じよう」というテーマで実験を行いました。
①コップに入れた水がこぼれない ②ペットボトルを念力でつぶす ③クシャクシャになったアルミ缶 の3つの実験です。空気の力に驚きました。

 

①コップに入れた水がこぼれない


 

 

 

 

 

②ペットボトルを念力でつぶす


 

 

 

 

 

③クシャクシャになったアルミ缶


 

 

 

 

 

 

ひまわり教室  授業体験会

7月4日(水)、ひまわり教室の授業体験会がありました。ひまわり教室の小学校・中学校に在籍している児童生徒のみなさんにご案内をさせていただき、小学生3名、中学生3名が参加されました。
前日の天気予報では、台風の接近とそれに伴う大雨の心配もありましたが、当日の朝を迎える頃には空模様も落ち着き、体験会も予定通りにスタートすることができました。
授業体験では、はじめのうちこそお互いに緊張した様子でしたが、授業を一緒に受けていくうちに次第に打ち解けることができ、自分の意見を発表したり、ペアやグループになって楽しく活動したりしている様子が見られました。盲学校の児童生徒からは「体験に来てくれてうれしい」という声が、ひまわり教室の児童生徒のみなさんからは「楽しかった」、「普段は苦手に思っていた球技も、わかりやすくて楽しめた」という感想が届きました。
保護者のみなさんには、授業参観の他、盲学校の紹介や寄宿舎の見学、情報交換などをしていただきました。限られた時間の中で、あわただしく過ごしていただくことになり申し訳なかったのですが、「実際に見て、聞いてわかったこともたくさんあって有意義だった」、「進路や受験のときの配慮についての情報交換ができてよかった」など、あたたかい言葉を頂戴することができました。
今回、都合により授業体験会に参加できなかった方から、「とても残念です。」というお返事いただきました。盲学校では、これまでにも個別で授業見学や体験のご要望にもお応えしてきています。ご希望の場合は、在籍校の先生とご相談のうえ、ひまわり教室担当者までご連絡ください。  

「ドラムサークル公演」

6月19日(火)の午後、本校の体育館を会場に、「文化芸術における子供の育成事業」(文化庁)として、創立110周年記念「ドラムサークル~音の輪で絆を深めよう~」が開催されました。
「ドラムサークル」とは、参加者全員が円形になり、世界の打楽器約30種類を使ってドラムサークルファシリテーターのガイドで、即興演奏を楽しみながらみんなで音楽を創り上げていくというものです。世界の打楽器の種類としては、「ジェンベ」「バイーアバスドラム」「トゥバーノ」「コンガ」「ボンゴ」「シェイカー」「ギロ」等の楽器が挙げられ、「たたく、打つ、振る、擦る」といった動作で演奏します。
今回は岡山県内のドラムサークルのグループの一つである「FantaRhythm(ファンタリズム)ドラムサークル」の3人の講師の方をガイドとして、小学部、中学部、高等部(普通科、理療科)の全児童生徒及び教職員、保護者の総勢100名程度が3列の円形になり、「春」「夏」「秋」「冬」の四つのグループに分かれ、ドラムサークルを行いました。
開演の少し前に体育館に入場した児童生徒たちが、自分の席に置かれていた打楽器を思い思いに鳴らしている中、ファシリテーターが短いフレーズを歌い始め、そのフレーズに合ったリズムを打楽器で打っていきだしました。このように自然な流れで始まり、あっという間に一体感のある音楽が創り上げられていきました。児童生徒は、思い思いにからだを揺らしながら演奏したり、とてもいい表情で楽しそうな表情が見られたりして非常に盛り上がり、参加者全員が一体となった45分間でした。

ライオンズクラブ様から点字ブロックをいただきました

6月14日(木)、岡山・鳥取地区のライオンズクラブ国際協会から、本校に3名の方がお越しくださり、持ち運びができる線状の誘導ブロックを寄贈してくださいました。昨年春にも同協会がお贈りくださった点状の警告ブロックと併せて今回の誘導ブロックが体育館に並べられ、児童生徒の代表14名が参加して贈呈式が行われました。

GLTリーダーの榎本明様による贈呈、ゾーンチェアパーソンの山岡多計二様のお言葉に続いて、全員で床に置かれた点字ブロックの試し歩きをしました。手や足で感触を確かめた児童生徒からは、「体育館などで安心して歩けるので、学校行事でも使えそう。」、「新しくてきれいな点字ブロックで、わかりやすくてうれしい。」など、喜びの感想が聞かれました。災害時の備えなどとして、有効に保管、活用させていただきます。本当にありがとうございました。

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 


 

岡山県障害者スポーツ大会に参加しました

5月13日(日)、岡山シティライトスタジアムでは、開会式に続き、陸上競技が行われました。どんどん雨脚が強まっていく中、1500mに出場した本校の二人の生徒は伴走の教職員とともに雨に負けるものかとばかりに、歯を食いしばってゴール!午後はさらに激しくなり、傘を差しながらの声援の中、ジャベリックスローに出場した生徒も40mを超す記録をだしました。
5月19日(土)は、きびじアリーナ(総社市)で行われたSTTには本校から生徒が一人出場しました。競技の特性上、見守る関係者の心の中の応援を受け、落ち着いて4試合を行いました。
今回、スタンドや試合会場には、創立110周年記念事業で制作した、岡山盲学校のスクールカラーである紫紺ののぼり旗が立ち、力強い応援となりました。


平成30年度 校内弁論大会

5月11日(金)5・6限で、校内弁論大会が行われました。弁士のみなさん一人一人が、自分の考えや気持ちを、練習の成果を発揮して堂々と発表できました。体育館で発表するのは、緊張を伴うものですが、発表が終わったあとの弁士のみなさんの表情が達成感にあふれ、とても印象的でした。校内弁論大会は、日頃口にはしない自分の考えや気持ちでも、多くの人に伝えられる絶好の機会です。今後も積極的に取り組んでいってほしいと思います。