okamo01 のすべての投稿

創立110周年記念式典を行いました

11月2日(金)、本校体育館において創立110周年記念式典を行いました。

10時からの式典には50人を超えるご来賓の方々のご臨席と祝辞を賜りました。式典では黙とうを行い、この10年間にお亡くなりになった本校ゆかりの方々を偲びました。校長式辞では110年という本校の長い歴史を振り返り、先人たちの思いをこれからも引き継いていくという思いを新たにしました。教育委員会祝辞の後、実行委員長から、本校の教育活動を支えてくださった歴代校長、同窓会長、PTA会長、創立110周年記念校歌CD制作にご協力くださった岡山フィルハーモニック管弦楽団様、明誠学院高等学校吹奏楽部様、ピアノ演奏者(PTA会員)様をはじめ、本校勤務10年以上の旧・現教職員等にその功労を称える感謝状をお贈りしました。最後に、生徒会長が「視覚障害者の進路選択の幅は広がっており、未来に希望をもってそれぞれの目標に向かっていきたい」と述べ、式典は終わりました。

11時10分からは高知盲学校出身のシンガーソングライターである堀内佳さんによる記念コンサートを行いました。自らのこれまでの歩みを語り、命や人権をテーマとした「しあわせ色の風景」「ありがとうの花」などの楽曲をギターで弾き歌ってくださいました。その深みのある歌声に聴衆はみな引き込まれ、頬を伝う涙も……。コンサート終了後もその余韻は、深く長く続いていました。

校長も式辞で申しましたように、「ただ長く存続することを目的とするのではなく、今ここにいる在校生の願いを大切にする学校であり続けること」を、私たち関係者は互いに確認しあえた、素晴らしい創立110周年記念式典となりました。
最後になりましたが、お忙しい中ご出席くださいました皆様方、そして、お手伝いいただきましたPTA会員の皆様方に心より感謝申し上げます、誠にありがとうございました。

音楽の外部講師授業がありました

11月14日(水)の6時間目に、小学部3・4年生4名と中学部1~3年生6名対象に、音楽の外部講師授業がありました。内容は三船文彰さんのチェロと荒木渉さんのピアノの演奏でした。サン=サーンス作曲の「白鳥」などチェロの名曲をたくさん聴きました。また、チェロを実際に弾く体験もできました。三船さんは曲を演奏している間、ずっと目を閉じて演奏され、児童生徒たちも聴き入った様子で、演奏者と一緒に素敵な音楽を共有できました。

創立110周年記念文化祭を行いました!

先週11月10日(土)はたくさんの方々にご参観いただき、心温まるお声や拍手をお聴かせいただきました。
プログラム1は各部発表Ⅰです。小学部はプレイルームで、中学部は会議室で、日頃の学習の成果を元気よく発表しました。高等部は体育館で、ビデオ発表やクイズ、歌、ダンスなどを発表しました。
プログラム2の開会式からは全員が体育館に集まりました。

プログラム3は全体発表。小学部の音楽発表は「ぼくらの応援歌」。「フレーフレー盲学校♪」と力強く大合唱しました。中学部と普通科は「音楽世界旅行」で、日本から出発してアンデス、メキシコ、スイスと飛び回りました。音楽部は筝曲「野ばら」を発表しました。そして、PTAは約40人が、ひまわり色の楽譜を手に、会員のピアノ伴奏で「ひまわりの約束」を手話も交え、美しく歌いました。

午後のプログラム4の各部発表Ⅱでは美術や家庭科などをはじめ、学習活動で制作した作品を展示発表しました。理療科生によるマッサージ体験コーナーには長い行列ができていました。

プログラム5の閉会行事は、体育館に集合した全員での大合唱「翼をください♪」でした。テーマ「にっこり いっぱい 心と心」のとおり、心を一つにすることができました。

今年度の創立110周年記念文化祭の来校者はご家族を含め、110人を超えました。お忙しい中ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。

美術科 フラワーアレンジメント

美術の授業で「フラワーアレンジメント」体験をしました。

中学部と高等部普通科の美術の授業で、「フラワーアレンジメント」を体験しました。これは、公益社団法人日本フラワーデザイナー協会の「花の宅配便事業」の協力をいただいての授業です。同会の岡山県支部から5人の講師の先生方が来校指導してくださいました。また、いろいろなお花や、給水フォームをセットしたポットも提供していただきました。生徒たちは、1種類ずつ花の説明を聞き、色や形を間近で見たり触ったりして、「”バラ”の花びらはつるつるだ。」「”ガーベラ”って花びらが横に広がってる。」など、いろいろな発見をしました。香りをかいで「”スプレーカーネーション”もちょっと香りがあるね。」と微細な特徴に気付いたり、何度も名前を確かめて「”ソリダコ”って初めて聞く花です。」と知識を増やしたり、「この”りんどう”は岩手県から来たのか!」と驚いたりしながら、各自の作品を仕上げていきました。
みんな同じ花材を、一斉指導を受けながら生けていきましたが、出来上がりは一人一人のオリジナリティーのある作品となりました。今回ご指導くださいました日本フラワーデザイナー協会岡山県支部の皆様、どうもありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

県外施術所見学

10月24日から26日まで、専攻科理療科の2年生と専攻科保健理療科の2年生が、合同で福岡県に施術所見学に行きました。2泊3日で5箇所の施術所や企業を見学しました。

[はり灸リンパトリートメントサロン田中家+]
ご夫婦で経営されている施術所で、鍼灸と手技を中心に行っておられます。
先生は研究熱心な方で、様々な流派の良いところを取り入れ、また最新の医療機器も導入しておられましたが、それを惜しみなく披露・伝授してくださいました。また、苦労話や失敗談も包み隠さずお話しくださり、生徒たちは楽しく、熱心に聞き入っていました。
施術室は患者様がよりリラックスできるようにいやしの空間となっており、生徒のみなさんも実際に施術を受けていやされていました。
「お客さんは値段ではなく、人につく。」というお言葉をいただき、自分の技術を磨き続けることの大切さを学びました。
あっという間に時間が過ぎ、先生方も「伝えきれなかった」と言ってくださっていましたし、帰途では生徒も、「もっといたかった。」「また来たい。」と感想を述べていました。

[福岡県立福岡高等視覚特別支援学校 研修科]
福岡県立福岡高等視覚特別支援学校 研修科を見学させていただきました。
完全に個室ブース化された臨床室や、実験のための充実した設備などを見せていただきました。
研修課といっても目的によっていくつかのコースに分かれており、生徒にとって、進路を考える際の参考になりました。

[はり・きゅう・マッサージ命林堂]
福岡市内でベッドを4台保有する治療院を見学しました。院長は弱視の方で、スタッフとともに同時に複数の患者を治療しておられます。有名な相撲取りから実業団の駅伝選手、高校生まで、スポーツ選手も幅広く診ておられます。和製の中国鍼を使った独特の治療法を生徒も体験させていただき、経験に裏付けされた技術・手際の良さに、私たちも感動しました。

[はり灸マッサージ東洋リフレッシュ]
女性の先生が活躍しておられる治療院を見学させていただきました。
先生は按摩をメインでされており、補助的に鍼もされているそうです。生徒に施術をしていただきながら、こりの見つけ方や触り方、抑え方を教えていただきました。
先生はこりのあるところやこりの性質から患者様がもっている症状を推測されており、生徒はその技術と経験に刺激を受けていました。

[株式会社オンワード樫山福岡支店]
女性の先生がヘルスキーパーとして活躍されている企業を見学させていただきました。
マッサージ室の設備を見せていただいたり、ヘルスキーパーとしてご勤務されてからの経験をお話ししていただいたりしました。
企業内でどうやってマッサージ室を運営されているか、患者様と接するときにどのようなことに気を付けておられるかなど、貴重なお話しを聞かせていただきました。

この県外施術所見学で、実際に現場で働かれている先生方の技術を学ぶとともに、それぞれのお考えや経験談を聞かせていただきました。福岡ならではの施術所や大企業を見学することによって岡山との違いを実感でき、今後の進路を考える際の貴重な経験になりました。
見学させていただいた先生方、本当にありがとうございました。

ウェルカムボードを設置しました!

本校には、外部から学習支援や授業ボランティアなど、多くの方が来校してくださっています。この度、外部の方をお迎えするに当たって歓迎の意を込めてウェルカムボードを設置しました。本日は日本フラワーデザイン協会岡山支部の皆様による「花の宅配便事業」の授業があります。素敵なフラワーアレンジメントが出来上がるのが楽しみです。ご来校ありがとうございます。

わかくさ1階に新しい女子用トイレが出来ました。

トイレで介助が必要な舎生の増加にともない、女子用トイレの増設を希望していましたところわかくさ棟1階の洗濯場を改修し、トイレを増築する工事が8月末から始まりました。先日、出来上がった女子用トイレを10月2日から使い始めています。

  

「やっぱり、新しいトイレは最高です!!」

ヒューマンガイドテクニックについて

視覚障害児者相談支援センターの取り組みの中で、寄宿舎を会場として県内にお住いの成人者を対象にした相談や情報提供を生活相談として行っています。相談支援の場では実生活に使われている便利グッズや、生活の工夫の方法なども紹介させていただいています。視機能低下による生活の困難を有している方やそのご家族、支援者の方々を対象に行っています。その取り組みの一環として「ふるさと新聞」は、視機能低下によって生活上の困難を有している方たちに、暮らしに役立つ情報を記事に、手作り新聞としてH22(2010)より年2~3回のペースで発行しています。過去に発行したものの一部ですが、これからホームページを通じて紹介をさせていただきます。まずは「ヒューマンガイドテクニック」についての記事をシリーズにし、掲載させていただきます。家族、友人、知人だけでなく、多くの方にこのガイド法を知っていただくことは、視覚に障害のある人たちが、安心して外出を楽しめる地域や社会の環境を整えていくことにつながると考えています。できる限り多くの方に、ガイド法をお伝えしていくことが大切だと思っています。

 

ヒューマンガイドテクニック 1
「ヒューマンガイドテクニックについて」
視覚に障害がある人の歩行技術の一つにヒューマンガイドテクニック(以下ガイド法)があります。このガイド法は、半歩前を歩くガイド者からの視覚情報を歩行者(視覚障害児者)が、積極的に活用して安全な歩行を実現するために考案された技術です。ですから、視覚に障害のある人が主人公になった歩行技術であり、介護の方法とは異なっています。
社会ではまだまだガイド法が正しく理解されていません。白杖を急に引っ張られたり、必要以上にお世話をしてもらったり、背中から押されたりして、怖い思いや悔しい思いをした人の話を聞くことがあります。同時に、親切心で関わった人たちに断ることも出来ず、どうしたら良かったのかと思案してしまう人の話も聞くことがあります。

視覚に障害のある人は、歩行指導(訓練)のなかでヒューマンガイドテクニックを学び、ガイド法を歩行技術として生かせるようになります。習熟が進むと、ガイド法を全く知らない一般の人とも安全性を確保しながら歩く技術も獲得できます。そのためには、専門家の継続的な指導(訓練)が必要になります。
また、ガイド者にとっては、講習会や研修会などの機会に正しいガイド法を学び身に付けると、歩行訓練を受けていない視覚に障害がある人の歩行を、より安全に安心した状態にできる技術を身に付けることになります。同時に、歩行者の能動性や外出の楽しさを提供することにもつながるのです。

 

 

 

たんぽぽ親子教室

10月24日(水)、今年度3回目のたんぽぽ親子教室がありました。この日は、たんぽぽの保護者のみなさんと、盲学校の保護者のみなさんで親交を深めたり、子育てなどについて情報交換ができたりする機会としてご案内しました。たんぽぽから3組の親子が、盲学校からは4名の保護者の方が参加してくださいました。
最初はいつものように、プレイルームに集合して、名前呼びの歌からスタート。その後、「箱の中身は何でしょう?」のクイズにチャレンジしました。みんなドキドキしながらも、差し出された箱にそーっと手を入れてみると、なんだか丸くて、固くて、ちょっぴり冷たくて・・・一体、何だろう?と思っていたら、それはなんと!本物のカボチャで作られたジャック・オ・ランタンでした。「そういえば、もうすぐハロウィンですね」と、気持ちがハロウィンになったところで、みんなで♪カボチャの歌に合わせて、楽器を鳴らして楽しみました。初めてとは思えないほど、上手に演奏できました。
その後の保護者のみなさんの会では、それぞれ自己紹介をした後、たんぽぽ教室の保護者の方からの質問や相談に答えたりアドバイスをいただいたりする形で、とても有意義なひとときとなりました。見えにくさのある我が子の成長や発達をどんなふうに応援していけばよいのか、保育園のこと、療育のことなどについて、盲学校の保護者の方からの心強い体験談や、説得力あるアドバイスを聞くにつれて、たんぽぽの保護者の方が自然と笑顔になられました。最後に、盲学校の保護者の方からは「先輩ママさんに聞いてみたいなと思うことがあったり、子育てで不安になったりしたら、たんぽぽ教室の先生を通していつでも声をかけて」とエールも贈っていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。この会を通して、たんぽぽ教室も見えない・見えにくいお子さんたちや保護者のみなさんと一緒に歩んでいける相談支援室であり続けられるよう、スタッフ一同がんばっていきたいと改めて感じることができました。ありがとうございました。