月別アーカイブ: 2017年11月

寄宿舎生が『文化祭のご案内』をしました

「寄宿舎生が『文化祭のご案内』をしました」

11月6日(月)放課後、授業を終えて寄宿舎に帰った小学部・中学部・普通科の児童生徒たち数人が玄関に集合しました。手にしているのは、11月18日(土)開催の「文化祭のご案内」と学校周辺の地図です。それぞれ寄宿舎指導員とペアを組み、担当区域の皆様にお受け取りいただくという活動に取り組みました。
ピンポン♪「こんにちは。岡山盲学校の者です。」と、インターホン越しにごあいさつ、玄関口までおいでくださった方には、直接、プリントをお渡しし、「今、練習をがんばっているところです。ぜひ見に来てください。」とお伝えすると、「ありがとう。ごくろうさま。」とこたえてくださいました。お留守のご家庭には、ポストに丁寧に入れさせていただきました。
文化祭には、一人でもたくさんの方にご来場いただきたいという思いをお伝えすることができて、児童生徒たちは笑顔で寄宿舎に戻りました。


平成29年度 第3回 たんぽぽ親子教室

平成29年度 第3回 たんぽぽ親子教室 10月25日(水)

見えにくさのあるお子さんと保護者の方のための相談支援室「たんぽぽ教室」です。10月25日に第3回目の親子教室をもちました。今回は親子別で、親御さん方は本校PTA保護者の方たちとの交流会、子どもさんたちは本校スタッフと過ごしました。

今回は6組の親子が参加されました。はじめは一人一人の名前呼びからです。いちばん年上の5歳児さんから歌に合わせて名前を呼ぶと、「はいっ。」といい返事!手も挙げてのはりきりぶりも、さすがお兄ちゃんたちです。次に続く小さいお子さんたちも、お母さんと一緒に手を伸ばしたり声を出したりして、しっかりアピールしてくれました。その後は、原尾島公園のどんぐりでミニシェイカーをつくって、♪「どんぐりころころ」にあわせてみんなでカタ・コト?演奏しました。

ちょっと慣れてきたところで、保護者のみなさんはたんぽぽ教室へ。本校PTAの保護者の方々と交流会をもちました。今回はたんぽぽの保護者6組と、小学部・中学部の保護者5名が参加してくださいました。それぞれ自己紹介をした後、たんぽぽ教室の保護者の方の相談や質問に答える形でのフリートークとなりました。病院のこと、入園のこと、入学にあたっての悩み等々1時間という時間があっという間に過ぎ去るほど話はつきませんでした。その中で、先輩ママさんが「たんぽぽのお母さんの心配や不安が少しでも和らぐように、話の中に何か一つよかったことを加えようね。」と言ってくださり、先輩ママさんたちの貴重な経験談の中から希望を見いだすことができたように思います。

子どもさんは親御さんと離れて1時間、スタッフの教員と遊んで待ちました。すっかり慣れた様子で、さっそく好きなおもちゃや楽器で遊び出す5歳児さん、小さい子どもさんは、その様子を間近で見て自分もやってみたり、プレイルームの中の気になる場所を探検してみたり、音やかすかな風を感じて自分でもおもちゃに手を伸ばしてみたり。お父さん・お母さんがそばにいないことに気付くと、これはたいへん!と泣き出してしまう場面もありましたが、慣れない場所で親御さんと離れて過ごすことは子どもさんにとってはすごいがんばりだったと思います。そしてお母さん・お父さんが迎えにきてくれたときの安堵の表情に、親子の信頼のたしかな絆を感じ、それぞれいいご家族だな、と思いました。

寄宿舎 明扇会(めいせんかい)会長選挙が行われました

「寄宿舎 明扇会(めいせんかい)会長選挙が行われました」

10月31日(火)19:15~、寄宿舎本館2階多目的室に、小学部から高等部までの舎生全員が集まり、平成30年度明扇会会長選挙が行われました。



 

今年度の立候補者は1名 、信任投票となりました。
まずは、選挙管理委員による選挙の説明があり、続いて推薦人の舎生が応援演説を行い、
その後、立候補者自身が「私が明扇会会長になったら、…」と力強く演説を行いました。
そしていよいよ投票です。選挙権は舎生全員にありますので、小学生も投票用紙を手に投票に向かいました。投票場所には、岡山市選挙管理委員会からお借りした記載台と投票箱が設置されていて、事前に選挙のしくみや投票の流れについて学習してきたとおりに、点字使用の舎生は点字器に投票用紙を挟み点筆で、また普通文字使用の舎生は鉛筆で、「○」または「×」と記入して、用紙を半分に折って投票しました。
全員の投票、そして開票作業も順調に行われ、立候補者の「信任」が発表されました。満場の拍手を受けた新会長が、緊張感は残るものの少し和らいだ表情で、お礼と今後の抱負を述べ、明扇会会長選挙は終了しました。



声楽アンサンブル公演が行われました

「声楽アンサンブル公演が行われました」

10月19日(木)、体育館で声楽アンサンブル公演が行われました。岡山シンフォニーホールのソプラノ、アルト、テノール、バスの4人の声楽家の皆様による唱歌メドレー「ふるさとの四季」で始まり、「花」「浜辺の歌」「赤とんぼ」「荒城の月」「小さな空」「Stand Alone」とすばらしい歌声が響きました。

「みんなで楽しもう!」のコーナーでは、児童生徒も保護者も教職員も一緒に、「メリーさんの羊」と「ロンドン橋落ちた」の2部合唱や「ふるさと」の大合唱をしました。また「ハレルヤ」では「ぶどうが好きな人だけ♪」「ハレル~ヤ♪」と好きな果物の時だけ歌ったり、「冬が好きな人だけ♪」「ハレル~ヤ♪」と好きな季節の時だけ歌ったりと、児童生徒が大活躍のコーナーでした。

休憩後は、「トルコ行進曲」のピアノ演奏をはじめ、「下津井節」(岡山)、「ステンカラージン」(ロシア)、「サンタルチア」(イタリア)、「魔王」(シューベルト)、「乾杯の歌」(ヴェルディ)、「歓喜の歌」(ベートーヴェン)と世界の歌を聴かせていただきました。

からだ全体でリズムをとったり、大きな拍手を送ったりと、体育館に響き渡る歌声に包まれた1時間40分でした。

今回、岡山シンフォニーホール様のご厚意で、全員で大合唱した私たちの「校歌」を録音させていただきました。今年度、本校は創立110周年を迎え、来年度その記念式典を予定しておりますが、その記念事業として活かしたいと考えているところです。ご期待ください。