入学案内

1 入学条件について

●対象になる人(視力の基準)
両眼の視力がおおむね0.3未満のものまたは視力以外の視機能障害が高度のもののうち、拡大鏡等の使用によっても通常の文字、図形等の視覚による認識が不可能または著し く困難な程度のもの。(学校教育法施行令第2章第22条の3)
※視力は、矯正視力のことです
●弱視の皆さんも対象になります
見ることが不自由といっても、全く見えない人ばかりではありません。社会人として生活していた人で、病気や事故による視機能の障害のために本校に入学して、職業自立のための勉強をしている人もいます。

※高等部(本科・専攻科)への入学希望者に対しては学力検査等を実施いたします。

2 設置されている課程について

1 本校には、小学部から高等部までの課程があります。
2 小学部は小学校、中学部は中学校、高等部は高等学校に相当する課程です。
3 高等部には本科と専攻科があります。本科はさらに普通科と保健理療科に分かれて おり、また専攻科は理療科と保健理療科に分かれています。
本科への入学資格は「中学部もしくは中学校又は中等教育学校の前期課程を卒業又は修了した者、又は卒業見込みの者」となっていますが、専攻科への入学資格は「高等部本科もしくは高等学校または中等教育学校の後期課程を卒業または修了した者、または卒業見込みの者(またはこれと同等以上の学力があると認められた者) 」となっています。
4 本科、専攻科ともに保健理療科は、「あんま師」の国家資格の取得を目指す課程であり、専攻科理療科は「あんま師」、「はり師」、「きゅう師」の国家資格の取得を目指す課程です。

3 必要経費について

・本校で学習している児童生徒には、「就学奨励費」として国や県から、学習に必要な経費の補助があります。(学用品費、給食費、通学費、帰省費、寄宿舎費、修学旅行費等)
・就学奨励費は、各家庭の収入の状況によって、「全額補助、半額補助、補助なし」の3段階に査定されます。
・高等部についても、授業料は無料です。教科書も無料で支給されます。

※このほかにも、校外学習費・通学付き添い費・寝具費等の細かな費用も含まれていますが、詳しいことは学校にお問い合わせください。

4 通学方法について

1 岡山盲学校の所在地
国道250号線百間川橋の南側(約500m)操山の北麓にあります。
学校付近の地図はこちらです 

2 スクールバス及び寄宿舎について
・登校時と下校時にスクールバスを運行しています。(盲学校と岡山駅前および中銀本店前の間)
・一般の市内バス等でも通学できます。(下記参照)
・通学が困難な児童生徒のために寄宿舎もあります。(寄宿舎職員が生活面の指導をします)

3 岡山駅からのバス便
JR岡山駅より約20分 天満屋より約15分
岡電バス 岡電高屋行き
宇野バス 長岡・駅前行き、片上行き、瀬戸駅行き、八日市行き、四御神(しのごぜ)行き
いずれも「原尾島住宅前」で下車してください。国道250号線の下のトンネルをくぐって、南向き(操山方面)へ黄色い点字ブロック沿いに進んでください。徒歩約10分です。

5 卒業後の進路について

1 小学部
本校の中学部あるいは他の中学校への進学
2 中学部
本校の高等部あるいは他の高等学校等への進学
3 高等部
(1)本科普通科
・本校の専攻科あるいは大学・短大等への進学
・福祉作業所、福祉施設等への通所
(2)本科保健理療科
・本校の専攻科理療科への進学
・あんま師として開業あるいは就職(治療院、病院、企業のヘルスキーパー等)
(3)専攻科保健理療科
・本校の専攻科理療科への進学
・あんま師として開業あるいは就職(治療院、病院、企業のヘルスキーパー等)
(4)専攻科理療科
・あんま師、はり師、きゅう師としての開業あるいは就職(治療院、病院、企業のヘルスキーパー等)
・筑波大学理療科教員養成施設等へ進学(盲学校の理療科の教員となるコースです。)

 

●見ることの不自由な乳幼児の保育でお悩みの方
見ることの不自由な乳幼児の保育や生活指導などについて、お困りの方は、お気軽にご相談ください。

●見ることの不自由な児童生徒の学習でお悩みの方
現在通学されている学校で、視力低下のため学習が困難になってきた児童生徒のために、学習相談を行っています。

●成人の方で見ることが不自由になられた方
社会生活を送っているうちに、病気や事故のため視力が低下してお困りの方は、ご相談ください。

お問い合わせはこちら