寄宿舎案内

〇寄宿舎はどんなところでしょう?

寄宿舎は通学に対するバリアフリーの保障に加え、個別の教育的ニーズに応え、自立し社会参加する力を育む役割を担っています。

【寄宿舎生活の概要】
・盲学校に在籍し、通学困難である児童生徒で入舎許可を得た人が、生活しています。(入舎希望があれば、寄宿舎の見学ができます。)
・舎生、保護者のニーズに応じて、学校と連携を取りながら社会自立を目指した生活支援を行っています。
・小学部の児童から、高等部理療科の成人者までの年齢層の人たちが生活をしています。
・寄宿舎の職員(指導員・非常勤指導員・舎監)が舎生の生活や自立を支援します。
・集団生活におけるルールや当番活動があります。
・舎生の親睦や社会経験を広めるために、自治会行事やクラブ活動(中学部生以上)、寮行事などがあります。
・週末や学校の休業中は閉舎するため帰省となります。

【自治会(明扇会)年間行事】
・ 4月  新入舎生歓迎会
・12月  お楽しみ会
・ 3月  卒業を祝う会

 

【日課の概要(平日のみ)】

小学部
中・高等部
起床
清掃
ラジオ体操朝食登校
7:00

 

7:50

8:30

7:00

 

7:50

8:30

下校

入浴

夕食

学習時間

消灯

13:40~15:30

16:30~17:00

18:00

 

21:00

15:30

17:00~19:45

18:00

19:45~21:00

22:00

※他寮訪問は22:00まで

*上記の日課の概要については、変更する場合があります。

 

〇寄宿舎の経費はどれくらい必要でしょう?

・経費 月額20,000円程度(舎費・食費・自治会費・その他)
・寄宿舎の経費は、保護者の指定口座から毎月自動引き落としをさせていただき
ます。
・活動にかかる費用は、実費徴収になることがあります。
・就学奨励費は、家庭の収入に応じて支給されます。
・ご不明な点は寄宿舎にお尋ねください。

戻る