平成27年度 山の学校

 

 小学部では、海の学校と山の学校での宿泊学習を隔年で行っています。今年度は、7月2・3日の2日間、4年生が吉備中央町にある国立吉備青少年自然の家に行きました。4年生にとっては初めての宿泊学習であり、参加するのをとても楽しみにしていました。

 

 1日目は、朝早く学校を出発し、タクシーやバスを乗り継いで青少年自然の家に到着しました。入所式後、まずは焼きそば作りを行いました。職員の方からまき割りの仕方を教えていただき、さっそく挑戦。初めはうまく割れませんでしたが、徐々にコツをつかみ、先生と協力しながら無事に必要な分のまきを割ることができました。まき割りの後は、野菜を切りました。包丁をしっかり持ち、一つずつ丁寧に切りました。出来上がった焼きそばを食べて、「おいしー!」と大満足。おかわりもしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 次は、いかだ遊びと川遊びをしました。川遊びでは、水の冷たさも気にせず、魚・えび・貝などの生き物探しや水のかけあいをしたり川に寝転がったりと、元気に遊びました。

 

 

 

 

 

 

 

 


 そして、夕べのつどいに参加しました。100人近くの他校の児童の前で、準備をしてきた学校紹介を発表しました。とても緊張していましたが、最後までしっかりと発表することができました。

 夕食後は、キャンドルサービスをしました。女神の衣装を着て準備万端!暗い部屋の中、ろうそくの火を囲み、歌をうたったり誓いの言葉を述べたりしました。最後に、児童が考えた10ドボンゲームで盛り上がり、とても楽しい時間を過ごしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 2日目は、乗り物遊びを行いました。様々な形の自転車に乗り、汗をかきながら広場中をかけまわりました。

 自然に触れる様々な体験をすることができ、とても充実した2日間となりました。青少年自然の家から帰る時に、児童からは「もう1泊したい」「また来たい」「楽しかった」という感想を聞くことができ、児童自身が楽しんで活動できた山の学校となりました。