26年度 体育会

今年は例年より早い5月31日に、体育会が開催されました。 小学部は2つの種目に出場しました。1つ目は「こっつんリレー」、2つ目は「岡盲イレブン」です。

 「こっつんリレー」はロープに通したリレー筒を持って走り、次の走者の筒に自分の筒を「こっつん」とぶつけることでバトンタッチの合図を送るリレーのことです。選手たちは、前傾姿勢で足を大きく前に出して走ることを意識しながら練習を重ね、本番ではその力走ぶりに大きな声援が送られました。

 

 

 

 

 

 

 


 「岡盲イレブン」は今年度の体育会のテーマ「ワールドカップ」を意識して、小学部の児童11名がワールドカップに向けてのトレーニングに励むという設定で、サッカーのキックやパス、シュートなどのトレーニング、旗体操「オーレチャンプ」の演技をしました。

 

 

 

 

 

 

 


小学部の児童たちは、体育会に向けて体育や学活の時間などを使用してみんなで日々トレーニングに励みました。当日は、教師と児童がペアになって息を合わせて進む24人25脚、これまでの体育の授業で学習した縄跳び、缶の上に乗って走り、次の人にバトンをつなぐ缶ぽっくり、そしてサッカーボールのパス、キック、シュートを披露し、最後は旗体操「オーレチャンプ」を踊って締めくくりました。 

体育会を通して培ったみんなで協力してがんばる精神で、これからもいろいろな事に力を合わせてチャレンジしていってくれることでしょう。