岡山盲学校の沿革

明治41年11月25日
  岡山市一番町岡山県教育会館内に私立岡山県教育会附属盲唖院として創立。
明治43年4月
  私立岡山盲唖学校と改称。
大正13年4月1日
  盲学校及びろう唖学校令による岡山盲唖学校として文部省より認可あり
    同日付をもって本県代用盲唖学校となる。
昭和2年4月1日
  県立に移管され、岡山県盲唖学校と改称。
昭和2年5月21日
  岡山市北方校舎へ寄宿舎と共に移転。
昭和6年6月15日
  岡山市西古松へ校舎新築移転、寄宿舎は同地の借家に移転。
昭和9年10月6日
  寄宿舎新築移転。
昭和23年4月1日
  盲ろう教育義務制となる。
  盲学校及びろう学校に現地分離し、岡山県立岡山盲学校と改称。
昭和25年12月20日
  盲ろう寄宿舎5棟全焼。
昭和27年2月16日
  現原尾島に全面移転し、ろう学校と完全分離。
昭和27年3月29日
  別科(修業年限2年)、あんま師養成学校として,文部省より認可。
昭和28年3月31日
  高等部理療科(修業年限3年)あんま師養成学校として,高等部理療科専攻科(修業年限5年)あんま師、はり師、きゅう師養成学校として文部省より認可。
昭和42年2月22日
  高等部に普通科設置。
昭和45年4月1日
  高等部に専攻科第二理療科設置。
昭和49年3月31日
  高等部別科理療科廃止。
昭和49年4月1日
  高等部専攻科理療科及び本科保健理療科設置。
昭和50年3月31日
  寄宿舎(わかくさ寮)完成。
昭和51年3月31日
  寄宿舎(青雲寮)完成。
昭和52年3月31日
  高等部第一部理療科廃止。
昭和53年12月18日
  食堂、調理場改築完成。
昭和56年5月26日
  寄宿舎管理棟完成。
昭和56年8月2日〜4日
  全日本盲学校教育研究会岡山大会開催
昭和57年1月28日〜29日
  日本弱視教育研究会岡山大会開催
昭和58年6月17日
  小学部棟完成
昭和59年3月15日
  中学部棟完成
昭和60年3月14日
  管理棟完成
昭和61年3月15日
  高等部棟完成
平成2年4月1日
  高等部普通科に重複障害学級認可
平成3年7月21日〜23日
  中・四国地区盲学校体育大会開催
平成5年4月1日
  高等部専攻科保健理療科設置
平成7年10月
  中・四国地区盲学校教育研究大会開催
平成10年10月31日
  創立90周年記念式典開催
平成13年7月20日〜22日
  中・四国地区盲学校体育大会開催
平成16年10月6日〜8日
  中・四国地区盲学校教育研究大会開催
平成17年6月15日〜16日
  中・四国地区盲学校弁論大会開催
平成18年11月1日
  平成18年度岡山県教育関係功労者表彰で受賞
平成20年6月5日〜6日
  中国地区盲学校連盟岡山大会開催
平成20年11月7日
  創立100周年記念式典開催
平成21年2月26日
  体育館耐震工事竣工
平成22年8月18日〜20日
  第25回全国盲学校野球大会岡山大会開催
平成24年7月20日〜22日
  第19回中国・四国地区盲学校体育大会岡山大会開催
平成24年10月12日
  第81回全国盲学校弁論大会全国大会開催
平成25年10月3日〜4日
  平成25年度中国・四国地区盲学校教育研究大会岡山大会開催
平成26年6月19日〜20日
  第40回中国・四国地区盲学校弁論大会岡山大会開催
平成26年11月21日
  高等部棟(5号館)・食堂耐震工事竣工