みまさか相談支援室・びほく相談支援室のご案内

県北部の2か所で、見えにくさへの支援をしています!

乳幼児とその保護者に

 乳幼児は模倣により発達が促されるので、視覚情報に制限のある子どもの子育てには配慮が必要です。保護者の心理的フォローと子育て支援をします。
 見ようとする意欲を育て、正しい認識による発達を促すために、お子さんへの指導も必要に応じて行います。

小・中・高校生とその保護者に

 見えにくさにあった道具や工夫を共に考え、在籍校でのスムーズな学習が行えるように支援します。
 教科書や黒板の文字等が読みにくい場合には、将来を見据えながら視覚補助具の活用練習を行います。

教育、福祉など関係機関の方々に

 教育活動における環境整備、指導上の配慮、教材・教具の工夫などについて共に考えます。巡回相談も行います。
 盲学校、職業訓練施設、福祉制度、視覚補助具、便利グッズ、関係機関などの情報を提供します。

対象

みまさか相談支援室

 美作県民局管内在住の視覚障害のある0歳から高校生の方とその保護者や、視覚障害児・者に関わる関係機関の方。

びほく相談支援室

 備北保健所管内在住の視覚障害のある0歳から高校生の方とその保護者や、視覚障害児・者に関わる関係機関の方。

場所

みまさか相談支援室

 津山市椿高下114
  美作保健所(美作県民局第2庁舎)

びほく相談支援室

 高梁市落合町近似286−1
  備北保健所(備中県民局高梁地域事務所内)

日時

みまさか相談支援室

 毎月第2水曜日 9時30分から16時30分まで

びほく相談支援室

 毎月第3木曜日 9時30分から16時30分まで

※日時については変更する場合があります。

問い合わせ・申し込み

 予約制のため、岡山盲学校まで電話などで2日前までに必ずご連絡ください。なお受付時間は月曜日から金曜日までの9時から17時までです。
【連絡先】
岡山盲学校 支援課 担当:川野
電話 086−272−3165
FAX 086−272−1853
okamo08*pref.okayama.jp 
 ※迷惑メール防止のため、「*」は「@」に置き換えて送信してください。
 ※相談は無料で、秘密は厳守します。

支援センターのサブメニュー